Top >  メニュー >  結婚した実感とともに手続きが面倒

結婚した実感とともに手続きが面倒

"結婚すると、日本では男性の姓になる場合が大半だと思います。
姓が変わることで「ああ、本当に結婚したんだな」と実感でき、また嬉しさを感じました。
しかし、それに伴い変更手続きの多さに驚いてしまいます。
まずは戸籍が変わり、住民票が変わり…という役所関係の書類が変更されます。
運転免許証を持っている場合は、警察署で変更手続きを行わなくてはなりません。
また、金融機関・加入している生命保険などの氏名・住所等の変更も必要です。保険に関しては、受取人名義の変更も必要になってきます。
さらには、仕事をしている場合は会社関連の書類の変更、私の場合は国家資格を保有していたため、戸籍変更に伴う都道府県変更および氏名変更の2点を行いました。この国家資格の免許証、書き換え1ヶ所に付きいくらと金額が変わってくるというのも難点のひとつでした。
とにかくこの手続きはあそこに行って、この手続きはどこに行ってと、あちこちに行かなくてはならないという労力も大変なものです。
役所で変更すると同時に、いろいろな手続きも自動でされるようなシステムがあれば楽でいいんでしょうが、そうもいかないものですよね。
姓の変更=手続きが発生するというところが難点ではありますが、結婚したという実感の嬉しさの中であれば、それもどうにか乗り越えられるものです。"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所の選び方 自分にピッタリの結婚相談所は? 昔ながらの結婚相談所 大企業系の結婚相談所 バーチャルタイプの結婚相談所 出会い系タイプの結婚相談所 ハイソな結婚相談所 結婚相談所にかかる費用 結婚相談所の入会金 結婚相談所の月会費 二人でケンカした事も多かった結婚式の準備 モテると浮気するは違うと思うのですが 私の好きなデートスポット 初デートで牛丼 夫婦のデート 日常のご褒美に 初デートはグループで! 40代での結婚は、良いことだと思います。 出産を考えたら、晩婚はおススメしません。 晩婚でもいいと思います。 晩婚についてですが 結婚相手に求めるもののいくつか 13年経ってもまだまだ磨きのかかる生命力! 結婚相手に求めるものはやさしさかな 不思議なもの・・ 10代でも50代でも結婚適齢期 1年間は新婚時代 長男と結婚をしました 結婚した実感とともに手続きが面倒 初めての妊娠は不安だらけ